top of page
  • rika miyajima

ジューズデザイナーだった私がなぜインソールを企画するのか



「どうしてインソールなのかわからない」

よく言われます。 浅草メーカーの靴職人から始まり、オーダーインソール店頭販売、オーダーシューズメーカー、靴問屋のシューズデザイナーと様々な靴に関わる仕事をしてきました。 自分がインソールを提案したいのは長年靴をしてきて感じてきたモヤモヤを解消していきたいのが一番の想いです。

もっと靴は履きやすくなれるはずだと信じています。



◇ 「履きやすい靴」の最大の条件は凹凸のあるインソールが靴内にあること



長年靴をしてきた私が思う「履きやすい靴」の最大の条件は凹凸のあるインソールが靴内にあることだと考えています。

足裏は凹凸(アーチ)があり、そのアーチ機能によって体重を分散し、バネ機能、筋肉の保護の役割をしています。この機能的な凹凸の足を、なぜ平らな靴の中底に乗せるのか?そこが既製靴の一番モヤモヤポイントなんです。



最近はスポンジを配置して健康に重視してますよ、という靴も増えてきたけど、大体は「それなり」に見えるようなスポンジ素材。体重を支えるには硬さも必要。

でも硬さがあるものは不具合がでる可能性も高い。

そこを躊躇して「それなり」の柔らかさで抑えてある形状のインソールが一般的になっているのですね。海外製靴は硬さのあるアーチをつけた靴を販売しているのに、どうして日本はこの分野の靴を作っていないのか?


靴底はアーチ部分がえぐれている形状が一般的ですよね。

これがめちゃめちゃ疑問なんです。


アーチの一番高い部分の体重を支えることはとても重要なのに、そこが空洞になっているなんて、そもそもの靴の基礎設計を見直すべきではないか?すら思います。


↑一般的なソール。踏まずの部分がカーブで空洞。


↓ドイツのコンフォートシューズ。踏まずの部分もソールがあり、体重を支えている。





◇ 年を重ねてコンフォートシューズしか履けなくなる未来を何とかしたい。


コンフォートシューズって知っていますか?

履きやすさを第一に作られている靴。

インソールも、木型も、踏まずの形状も完璧な靴です。有名な靴だと「finn comfort」というブランドがあります。




履きやすくて疲れにくく、この靴しか履けない人もたくさんいるぐらいに履き心地が設計された靴です。

でも、私はデザイン的にちょっと履きたくないです…

現状の「履きやすい靴」を履きたくないなら、履きたい靴を作りたい!





◇ 自分が考える靴のデザイン・設計


コンフォートシューズまで完璧ではなくとも履きやすく、デザイン的に装いにしっくり馴染む。そんな靴を提案したい。


自分の足に合わせて木型を削り、作った靴です。

履きつぶして汚いのですが…



↑上記の靴用インソールも作りました。

木型のサイズ展開を作り、友人や家族にも履いて好評をもらいました。



この靴は売り物になる完成レベルではなく、製法も独特になり、量産には程遠いです。

でもデザインと履き心地は融合することができる!そう証明できる靴になれたと思います。


未来の靴は今の靴よりもっともっと履きやすくできる、そんな未来に向けて自分ができることを少しずつでも動いていきたいと思います。




◇ まずはインソール


私も含めて、日常をスニーカーで過ごす人が多いと思います。

普段のスニーカーの中に入れ、足アーチの機能をサポートして快適に過ごすことができる。

インソールを入れていると疲れないな、と認識してもらえることを目指してスニーカータイプのインソールを作りました。




特徴

・ シリコン製で通常のウレタンのインソールに比べてアーチをしっかり支える硬度がある。

・ つま先の形状を選ばないハーフ・インソール。

・ シリコン素材で長年使用していても経年による形状変化が少ない。

・ 靴デザインの邪魔をしないマットグレーのシンプルなデザイン

・ よくあるS・M・L型ではなくサイズ展開を細かく設定(2サイズごと)


弱点としては

・ 重さがあるのでスポーツには向かない

・ 値段が高額(オリジナルで金型を作った為)

・ オーダーではないので、全ての足に合うわけではない


効果がすぐにわかりやすく出るものではないので、難しい部分はあるのですが、これからもインソールの良さを知ってもらえるように活動していく予定です。


このインソールで靴に対する認識や意識が少しづつ変わっていくきっかけを作れると嬉しいです!



* このブログは2019年に書いたnoteを転機したものです。

原本はもっと熱く長く綴っています。笑

もしご興味あれば読んでいただければ幸いです。












コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page