• rika miyajima

柔らかい靴=履きやすい靴?

マシュマロパンプスやソフトシューズ。

「柔らかくふわふわの靴」=足に優しく履きやすい靴が常識になっている気がします。



足を適切な位置で固定し、動きを促すのが履きやすい靴だと私は考えています。

全体がふわふわの柔らかい靴ではなく、踵はしっかり固定+甲幅の調整が可能+足の指が動くスペースやソフト感があることが履きやすい靴です。



たまに見かける「やわらかいんです!」と靴を2つ折りに曲げている写真。 これは履きやすい靴どころか、疲れやすく足を痛めてしまう靴です。





靴には「シャンク」という金属パーツが入っています。

この「シャンク」は適切でない箇所で靴が曲がるのを防止する「靴の骨」の役目をしています。


でも「柔らかい靴=履きやすい靴」という考えが定着している現在は、この「シャンク」のない靴がたくさん出回っています。

このシャンクがない靴で転んだり、不自然な態勢になってしまった時、足が変な角度にねじれて足を痛める可能性があります。

また靴全体がフニャフニャなので足が固定されずにブレて疲れやすくなります。






MTP関節(足の屈曲ポイント)の位置で曲がる柔らか靴は大歓迎でも、「2つ折りできます!」靴には要注意です。

履きやすい靴を選ぶ時の注意点として参考にしてくださいね。



ーーーーーーーーーー

riccaアーチサポートインソールの目的は「足機能を生かして毎日が活動的になる」ことです。

インソールで足アーチ機能を使えるようになり、たくさんの人が毎日を活動的に過ごせることを願っています!

riccaインソールTOPページに戻る