insole

長らく靴に携わってきた経験を活かし、オリジナルのインソールを開発しました。

よく歩いた日や長時間の立ち仕事のあと、靴を脱いでホッとするとき。

「なんだか足が疲れたな」

と感じることはありませんか?

この足の疲れは足裏アーチの崩れにあるかもしれません。

足裏にはもともとアーチがあり、「疲労を軽減する」機能を持っています。

この足アーチが崩れると機能も弱くなり、足が疲れやすくなります。

riccaインソールは足裏にフィットしてアーチを育て、足の力を発揮する手助けをします。

​毎日履く靴にインソールをセットする習慣で足が軽くなり、あなたの毎日がきちんと整います。

insole 販売ページ

https://ricca-tokyo.shop/items/5ce3b1b50376c63ce8a5c79b

足の力を発揮して疲労を軽減するインソールです

 足アーチをサポート

足には3箇所アーチがあります。

一番わかりやすいのが土踏まずのアーチ(内側縦アーチ)です。

その他横側(横アーチ)と外側にもアーチ(外側縦アーチ)があります。
 

このアーチは足のバネ機能や筋肉の保護、体重の分散の役割をしています。

これらの役割で足の疲労が軽減されています。

アーチは加齢や体の状態など、いろいろな原因によって崩れることも多いです。

アーチをしっかり支えて、機能をフルに使ってもらい、疲れにくい足を作ることが

riccaインソールの役割です。

■ 足アーチが機能すると

【指を使う歩き方に変わる】

足アーチが機能すると足指が地面に着地し、ぺたぺたの面歩きから指で地面を掻く歩き方に変わります。

【立ち仕事が楽になる】

前へ前へと足が進み、歩行がスムーズになり、かかとや足裏の一部に偏っていた重心が足裏全体に分散され立ち仕事が楽になります。

【姿勢がよくなる】

体の基盤である足裏のアーチがしっかりサポートされることで足元から体のバランスが整い、日常生活のパフォーマンスが向上します。

■ 足アーチを育てるイメージで
 

体に良いからといきなり激しくストレッチをしても筋肉痛になるように、最初から長時間のご使用はおすすめしません。

まずはインソールの凹凸に足を慣らすように短時間の使用からはじめ、徐々に少しづつ使用時間を長くして足アーチを育てるイメージでご使用下さい。

 story

私自身は​靴メーカーの企画、オーダーインソール製作、シューズデザイナーと幅広く靴の仕事をしてきました。

デザイナー10年の節目に、靴業界を離れて個人作家に転向しました。

作家活動で家に籠もる日々の中、たまの外出時に疲れやすくなっていることに気が付きました。

数年ぶりに自分の足に合わせたインソールを製作すると疲労感がなく、どこまでも歩いていける。

インソールってすごい!

周囲にも勧めてみようと店頭を覗いてみても、人に勧めたいインソールが見つからない。

!無いならば私が作らないと!

​謎の使命感を感じたことからインソールの企画が始まりました。

初めは靴木型を削り、そこに革を貼り付け、プラスチックで補強する製作方法でインソールを試作。

しかし毎回木型を削る手間、片足しか試せない効率の悪さから、3Dモデリングを勉強することにしました。

インソールで扁平足が改善した夫に協力してもらい、ハイアーチの私と扁平足の夫がどこまでも歩いていくことのできるインソールを目指してモデリングを開始。

制作したモデルを3Dプリンターで自分と夫サイズを出力し、週末に15〜20km歩き、気になった点を修正。

これを繰り返し50以上の制作データを試作しました。

​最後に周囲の人達にインソールを試してもらい、感想を聞いてからメーカーさんに製造を依頼しました。

こだわったのは日常の習慣になれるようなインソールであること。

短時間の外出では良さは実感しずらいのですが、長く装着するとインソールのサポート力を実感できるはずです。

毎日少しずつ足を慣らしていくことで、アーチを支え、いつの間にか疲れにくくなります。

またどんな靴にもしっくりと馴染む様にニュートラルなグレイの色味にもこだわりました。

​プレゼントにもぴったりなこだわりのパッケージに入れてお届けします。

​インソールをたくさんの人に使っていただけること願っています。

インソールの企画についてnoteに綴りました。
こんな風に企画しましたよ。
​マニアックな内容ですがよろしければ。

https://note.com/riccca/m/mf4a8eb58a720

© ricca All rights reserved.

  • さえずり
  • ブロガー社会のアイコン
  • Grey Instagram Icon