top of page
  • rika miyajima

同じ靴木型でもデザインによって履き心地が変わってきます



「このデザインの木型、定番の売れ筋の品番と同じ木型ですよね?」

販売員さんからよく問い合わせをうけた質問。


『そうそう、売れ筋定番と同じ木型を使用した靴ですよ。 

でも甲の深さが違うデザインなので履き心地は違ってきちゃうけど。』


特定の木型の靴をリピートするお客さんは結構多い。

確かに、自分の足にあった靴が見つかると嬉しいですよね。



最近ではトレンドによって木型をジーズンごとに一新するということもなくなってきました。

よって定番木型はアッパーデザインを変えて売り場に長く鎮座しています。

でも履き心地はどんな木型でも一定にはならなくて、デザインによって変わってきます。



浅いバレエジューズで好評だった木型で甲が深いモカシューズを作ると履き心地はきつく感じるし、その反対にレースアップで好評だった木型でバレエシューズを作ると緩く感じたりすることが多いです。


もし足にあった靴が見つかり、その木型で靴を探されているなら、甲のデザインの深さも気にかけて下さいね。

同じ形状でもデザインによって履き心地は変わってきますよ。




riccaインソールはスニーカーや紐靴用に企画しています。

パンプスに合わせると脱げ感が出てきてしまいます。

ラインが浅いパンプスはおしゃれですが、足の踏ん張りが必要で足のトラブルの原因になります。

パンプスはここぞ!という時の登場にしておいて、普段は足が動かないようにしっかり固定できる紐靴やストラップシューズをおすすめします。

その時の靴のお供にぜひriccaインソールを活用して頂けたら嬉しいです!





留言


留言功能已關閉。
bottom of page